トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

『私と私の祖国』:歴史に残る1秒

シーンの再生

月、英国のマーガレット?サッチャー首相夫人が訪中し、鄧小平は香港の前途問題について交渉した。鄧小平は、香港の主権回収問題について、一つの国、二つの制度の一国二制度の方案で解決することができると提案した。

中英双方は2年にわたる交渉を経て、最終的に年月日に中英の香港問題に関する共同声明に正式に署名し、年月日から中国が香港に特別行政区を設立し、香港島境界街以南の九龍半島新界などの土地に対して主権と治権を再行使することを決定した。年月日、第7回全国人民代表大会第3回会議は中華人民共和国香港特別行政区基本法を賛成で可決し、香港の復帰後の安定と繁栄に信頼できる法律保障を提供した。

年月日0時ちょうど、中華人民共和国国旗と香港特別時計行政区区区旗が香港で掲げられ、百年の変遷を経験した香港が祖国に帰ってひっそりと抱き、中国政府は香港に対して主権の行使を回復し始めた。

年の建国記念日に上映した映画私と私の祖国、7人の監督が共同で創作した映画、映画の中の7つの物語は、新中国成立以来のいくつかの歴史的な経典の瞬間を取材した。映画は大時代の大事件に焦点を当て、一般人と国家の間には遠く見えるが密接な関連があり、仏の中国人の真摯で深い愛国心を呼び覚ました。

復帰は私と私の祖国の中の第3章で、薛暁路の脚本家が監督した。物語は月日時分秒に中国の国旗https://www.amigio.ro/telefon-google-sau-contact-google-afla-detalii-aici/を掲揚することを核心の焦点とし、年香港の引継ぎ式に復帰する前期交渉の準備リハーサルが完了したことを示した。

年の中英共同声明は、英国政府が年月日に香港の主権を返還することを規定しているが、具体的な時間は明らかにしていない。中英双方の代表団は十数回の商談を経て、数ヶ月を経て、最終的に香港の引継ぎ式に復帰する具体的な詳細を確定した。中国政府は、英国の国旗が月日に分秒降下し、中国の国旗が分秒上昇するのが中国側のベースラインだと強調した。時分秒

回帰という重大な歴史的事件をめぐって、映画は叙事の上で外交部礼賓司の副司長香港主権回帰引継ぎ式の現場指揮の安文彬王洛勇を主線とし、香港市民時計職人の華哥任達華を女性警察の蓮姉恵英紅と補助線とし、二線を並行し、最終的に香港で正式に復帰した秒に合流し、映画も叙事と感情のクライマックスに達した。二線叙事の運用は映画を異なる社会面と視点から共同で明らかにし、仏位が香港の引継ぎ式に復帰するために努力と貢献した人、仏位香港市民は、歴史の参加者と証人である。

映画の中で表という特定の動作の繰り返しを通じて、時間の歴史感と重要性を絶えず強化している。映画の中で中国側が安時計を指揮した文彬氏は、英側の香港主権回帰引継ぎ式執行総監のモリンエルス氏に対表を提案した際、特に時計が英国ロンドンのグリニッジ天文台と中国南京紫金山天文台に基づいて校正された時間であることを強調した。

華兄は映画の中で比較的に特殊な役で、彼は時間の使者で、また歴史の経験者で、つながりと絆の役割を果たしました。数年前に香港に漂泊してきた華兄は、上陸時に女性警察の蓮姉の助けを得て、2人は後に夫婦になり、華兄も香港市民の中でワゴは特別招待を受けて、英側の指揮のために時計を校正する時、父の世代から伝承された優れた技術で誤差を半秒以内にコントロールした。蓮姉が勤務復帰式を迎える前に、父の世代からの時計を蓮姉の手首につけた。時間は華兄の手にあって、力が危機を超えて、また情が深い。華兄の先祖伝来の時計は、時間の移り変わりを経て、時間の歴史の定格と輝きを目撃した。

監督は極めて限られた紙面の中で、人物の個性的な特徴と背後の物語を正確に描き、叙事時間の厚さと長さを拡充した。https://www.conigliotravel.it/blog/migliori-siti-film-streaming.htmlさらに重要なのは、映画が華兄を通じて両地の人民の血脈をつなぐ感情を含蓄し、深く表現していることだ。華兄と蓮姉のこの叙事補助線は庶民の視点を採用し、視聴言語と音画の造形において、監督は広東語の原音を残しただけでなく、啓徳空港の唐楼などの地域空間を通じて、濃厚な人情味と日常生活の息吹を捉え、映画に観客がよく知っている香港映画の風格を配布させた。

復帰中のメインイベントは香港復帰の引き継ぎ式を表現することだ。香港の復帰は中華民族の偉大な復興の証しであり、引継ぎ式の仏の細部は無視できない。特に主権を宣言した秒には、中国の国旗が旗竿の頂部に少しも差なく到着する必要がある。これは注目の焦点になるだろう。映画の中で、旗揚げ手の朱濤杜江が肩書きを飾った儀仗隊は任務を遂行するために非常に苦しい訓練を行った。香港の引継ぎ復帰式で、英側は秒を繰り上げて終了し、元の計画を混乱させ、中国側は危険に直面して実施案を乱さなかった。歴史は映画に十分な表現空間と機会を与え、朱濤は国歌が鳴るのを待っている間に精神的に緊張し、映画は意識流の手法を採用し、利丨組の夢のシーンは彼の心理空間と精神世界を表現した。短い秒だが、待つ仏の秒はすべての人に極めて長いと感じさせ、このような焦る待ちは映画のサスペンスと情緒の張力を大きく増加させた。

私たちの儀仗隊が国威軍威を見せたとき、国歌が鳴り響いたとき、旗揚げ手は巨大な圧力に耐えて任務を完成し、五星紅旗は時間通りに上昇し、短編映画全体が情仏の観客はみなこの歴史的な式典の現場から花火がきらびやかなビクトリア港にシーンが切り込まれ、華兄は天井に立って腕を振って叫び、颯爽とした蓮姉は帽子の紋章を交換するように指示した。羅大佑が歌った東方明珠音楽が鳴り響いた。これは香港と祖国が久しぶりに再会した深い感情を演じ、監督もここで熱烈で深い政治叙情をすばらしく完成した。

わずか20分余りの紙面の中で、監督は一つ一つ歴史の状況を復元し、引継ぎ式の背後にある物語を語り、典型的な人物を作り上げた。映画は多くの歴史ドキュメンタリーのシーンを植え込み、観客を歴史現場に復帰させた。歴史の時計回りは年月日の零時の瞬間、大会堂の会場は厳立し、数千の目が鮮やかな五星紅旗と紫荊花区旗に注目の礼をした。これは中華民族が長い間期待していた瞬間であり、これは永遠に世界史に載せられた瞬間である。国歌が終わった後、0時、中華人民共和国の江沢民主席は中英の香港問題に関する共同声明に基づhttps://www.waltermarketing.it/index.php/blog/11-marketing/20-acn-la-multinazionale-che-truffa-senza-truffa.htmlき、両国政府が予定通り香港の引継ぎ式を行い、中国の香港に対する主権行使の回復を宣言し、中華人民共和国香港特別行政区が正式に設立された。百年の変遷を経験した香港が祖国に復帰したことは、香港同胞が祖国という土地の真の主人になったことを示しており、香港の発展はこれから新しい時代に入った。

復帰は私と私の祖国の中で歴史事件に対して直接1章で、主要な人物と事件はすべて真実の素材に取材します。薛暁路監督はマクロ時計の歴史の深さと重厚感を撮影しただけでなく、一般人の愛国愛港の素朴な感情を表現し、気品が非凡で、情糸があり、メリハリがあり、柔軟であることを示した。

この7人の監督が共同で完成したオムニバス作品は、多くの歴史的瞬間の国民の記憶を優れた制作レベルで映像に溶け込み、観客と長い感情の共鳴を生んだ。映画は芸術の質の市場効果の興行収入と口コミなどの面で俗っぽい反響を得て、新時代の主旋律映画の成功の例https://www.gross-kreutz.de/ortsteile/jeserig.htmlになった。

党の百年の誕生日を迎えるため、上海国際映画祭は百年を敬意を表して映画で党史を語り、特別な計画を追憶し、時間の手がかりを主とする時計の脈絡を求め、百年の党史の中の重大な事件の重要な成果と肝心な歴史のシーンを反映できる部主旋律映画を選び、映画評価と賞の方式を通じて、今まで中国共産党が人民大衆を率いて創造した輝かしい歴史を再確認した。中華民族の偉大な復興の道を示す。百年を敬意を表して映画で党史を語り、上海国際映画祭と上海演劇学院映画芸術研究センターが共同で企画し、復旦大学映画芸術研究センターを招いて原稿を書いた。

上観号作者上海国際映画祭

トップページ | 2022年5月 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ